HOME >

ノンシリコンって何?

ノンシリコンって何?

世間では「ノンシリコンシャンプー」と呼ばれる商品が目立つようになってきました。
ですが、ノンシリコンの言葉だけが独り歩きして、結局何がいいのかわからないのが現状です。
そもそもノンシリコンて何?どんな効果があるの?何が悪いの?
そんな気になる「ノンシリコンシャンプー」の疑問を解説しましょう!

ノンシリコンシャンプーとは?

シャンプー選びは慎重に…ノンシリコンシャンプーとは、成分にシリコンが含まれていないシャンプーのことを言います。現状一般に売られているシャンプーのほとんどはシリコンが含まれています。
シリコンが含まれている理由は、シリコンのコーティングが髪を覆い手触り感のアップや、ツヤを出してくれる効果があるからです。よく聞く「ツヤサラ」はここからきています。
ですが、いいことばかりではありません。シャンプーの洗い流しが不充分だと、 頭皮の毛穴にシリコンが詰まり、薄毛や抜け毛の原因になるからです。
また、シリコンは痛んでいない髪にしか吸着せず健康毛へ届くはずの栄養分の妨げにもなっているので、せっかくの健康毛も痛んできます。 そこでシリコンが配合されていない「ノンシリコンシャンプー」が出てきたと いうわけです。

ノンシリコンシャンプーだからできること。

普段使用しているシリコン配合のシャンプーですと図のように頭皮や毛髪にシリコンの膜ができ、栄養成分をはじき返します。しかしノンシリコンシャンプーですとシリコンの膜が出来ない為、常にスッキリ洗い上げ、トリートメント成分が浸透しやすい状態になります。

ノンシリコンだから大丈夫。とは限りません…

ノンシリコンシャンプーだからと安心してはいけません。特に市販で売られている商品や、CMでノンシリコンと広告している商品には注意して下さい。
成分表にラウレス硫酸(ラウリル硫酸)と表記してある可能性があります。これらは泡立ちが強い「硫酸系」のシャンプーによく含まれている成分で本来は床の洗浄に用いられる強力な洗剤です。 使い方を間違えると頭皮の皮脂を取りすぎたり乾燥による皮脂障害の原因になります。
石油系シャンプーに入っている可能性が高いので気になる方は成分表をチェックすることをお勧めします。

泡パックシャンプーの方法